2021年第16回24時間不断念仏会・東京|完全オンライン開催のお知らせ

御参拝、誠に有難う御座います。住職(管理人)の修羅観音です。



ポストに、2021年第16回24時間不断念仏会の開催についてのお知らせが届いておりました。



SANYO DIGITAL CAMERA



春と秋に、私にとっては恒例の仏事となりました、24時間不断念仏会。

春になると、いつもなら東京は増上寺が会場となりまして只管念仏する事になるのですが、今年も去年と同様に完全オンラインでの開催とのお知らせを頂いております。



そういうわけで、完全オンラインによる2021年第16回24時間不断念仏会について、注意して頂くこともありますゆえに、今回も私から伝えられる事をお伝え致します。

詳細につきましては、後ほどURLを貼り付けておりますから、必ずご確認の程を宜しくお願い申し上げます。

くれぐれも、このブログの情報だけで完結せぬように宜しゅうおたの申します。

スポンサーリンク

2021年第16回24時間不断念仏会の基本情報

それでは、毎年の如く、いつものように24時間不断念仏会についての基本情報から簡潔に書き綴っておきます。

上述しておりますよう、後ほど記しますURLから飛べる公式な情報が掲載されているウェブサイトへ再度の確認をする前提でお願い致します。



:2021年第16回24時間不断念仏会in東京

:開催日時:
2021年5月8日(土)~5月9日(日)

:開始時間:
12:30からオリエンテーションがあります。
例年通りなら、オリエンテーションの前に、お念仏しながら土屋正道上人がお見えになり、24時間不断念仏会についての説明を頂けます。

:開白(開始にあたり祈願):
12:45から開白(かいびゃく)が御座います。
(開白とは、法要の前にご本尊に祈願の趣旨等を申し述べる事です。24時間不断念仏会は一つの法要として行われます。)

:不断念仏開始:
13:00から翌日の13:00まで、唯一向に念仏すべし。南無阿弥陀仏。

~5月9日(日)になってから~
:大殿朝勤行:
増上寺の大殿朝勤行にて、朝に行われる勤行が御座います。「晨朝法要(じんじょうほうよう)」や「ご晨朝」とも言われます。ちなみに、晨朝とは現在の午前6時頃の事だとか。

:結願・回向:
5月9日(日)の13:00に、24時間にわたるお念仏終了。ちなみに「結願(けちがん)」と読みます。



基本的なタイムスケジュールは、このようなところであります。



途中で、礼拝行(「なーむあーみだーぶなーむあーみだーぶなーむあーみだーぶー」と立ったり座ったりしてお念仏を称える行為様式)」や、歩きながらお念仏する「行道(ぎょうどう)」も、適宜されるかと思われます。

もしかしたら、東京の町中をお念仏しながら歩く姿が観られるやもしれません。



詳しいタイムスケジュールは、下記の公式ウェブサイトにて、必ずご確認頂ければと存じます。



公式ウェブサイト



完全オンラインという事もありまして、今回は世界各地とZOOMというアプリケーションを使って、YouTube経由で視聴することが出来ます。

私も、昨年の春と秋の24時間不断念仏会は、PCの前に張り付いて、世界各地の様子を観ながらお念仏に励んでおりました。

いつ・どのタイミングでどの場所から繋がるかは、上記の公式ウェブサイトから確認されると良いでしょう。

24時間不断念仏会東京・完全オンラインの注意点

2021年第16回24時間不断念仏会は、去年に続いて新型コロナウイルスの影響で、毎年のように増上寺に集って共にお念仏するという開催様式では御座いません。



完全オンラインという事で、その事を踏まえての注意点を、お節介な私からお伝え致します。



公式ウェブサイトにも注意点が掲載されておりますから、併せて熟読して頂ければ幸いに御座ります。

スポンサーリンク

注意点1:増上寺への連絡や直接の来訪はご遠慮願います

今回の2021年第16回24時間不断念仏会については、増上寺への入場・問い合わせは出来ません。

増上寺への問い合わせはご遠慮下さいまし。



また、当日は一般参加を受け付けておりませんゆえ、押しかけないようにお願い致します。



このことについては、昨年に完全オンラインでの参加をされている方ならば、注意事項も読まれているでしょうが、再度注意事項としてお伝えしておきます。



そりゃあね、私も共に現地にてお念仏申したいところではあるのですがね。

ZOOMにて配信側になることが可能

是は注意点と言いますか、こういうことが出来ますよ、というお知らせです。



今回の第16回24時間不断念仏会では、ZOOMというアプリケーションを使うことによって、配信する側になる事が出来る、と、ポストに届いたお知らせに書いてありました。

このことについては、公式ウェブサイトにも書かれております。

方法につきましても、公式ウェブサイトに掲載されておりますから、説明を読みながら操作されると良いかと存じます。

言うておきながら申し訳ない事です・・・

ZOOMで参加出来ますよ、と、お知らせしておきながら、申し訳ない事ですが。



人によっては、オンライン環境が整えられないという方もいらっしゃるかと存じます。

そして、私もその一人です。



うちは、自宅の仕事等々の関係上、自宅にWi-Fiを導入することが出来ませんでして。

昨年の24時間念仏会in京都の清浄華院にえて、オンライン参加しようと思うたところ、うちのネット環境管理者から「うちはWi-Fi絶対に入れないから」と、思わぬ壁にぶち当たりました。

仕事柄であったり自営業の関係上、わざわざ業者を呼んでWi-Fiを使えない状態にロックしたと言われ、何度も交渉しても結局Wi-Fiを入れてもらえんかったもので。



そういうわけで、ZOOMで参加出来る環境の方に、この方面についてはゆだねまする。



ちなみに、このような事情からヨドバシカメラで格安プランでiPhoneSE等の見積もりを取ったりして、オンライン参加出来ないか色々探っておったのですが、詳しい方、教えて頂ければ嬉しゅう御座います。

第16回24時間不断念仏会、2021年もオンラインにて唯一向に念仏すべし

今回は、2021年に開催される第16回24時間不断念仏会について、タイムスケジュールや基本的な事項および注意事項について、お伝え致しました。



昨年の今頃は、「2021年は増上寺へ行けるかな。」と淡い期待と言いますか、そのような事を考えておりましたが、叶いませんでした。

この記事を書いている日は、京都でもコロナウイルス感染者が過去最多を記録したと報道されまして。

なんとも、なかなか収束の気配が御座らん今日この頃で御座います。



ただ、それゆえに完全オンラインで繋がるオンライン念仏会という、現代だからこそ可能な念仏会にて繋がることが出来るようになったというのも、また事実と言えましょう。

災い転じて、新たな可能性を見いだせたという見方も出来ましょう。



また、新型コロナウイルスとお念仏と言いますとね。



疫病が蔓延している時期にお念仏と申しますと、京都では百万遍のお念仏に関する話を思い出します。

善阿上人という浄土宗僧侶が、地震や疫病の時期に後醍醐天皇の命により7日間で百万遍のお念仏をしたというのは、という話をご存じの方もいらっしゃるやもしれません。

百万遍の話に思いを馳せ、お念仏を始めるのも、一つでありましょうか。



私は今回も、中継を観ながら、お念仏する予定であります。



唯一向に念仏すべし。



合掌、十念、礼拝

スポンサーリンク