第13回増上寺24時間不断念仏会のお知らせ|開催日時にアクセスに注意事項などを少々

御参拝、誠に有難う御座います。住職(管理人)の修羅観音です。



2018年の5月、今年も東京は増上寺にて、24時間不断念仏会(ふだんねんぶつえ)が開催されます。


有り難い事に、主催者、開催されているお寺さんから、今年も増上寺で24時間不断念仏会をしますよーというお便りを頂きましてね。

頃合いを観て、こちらから連絡申し上げようかと思うておりましたが、お誘い頂ける御縁、誠に有り難し。



今年で、増上寺では13回目となる24時間不断念仏会。



私は増上寺での不断念仏会は、今年2018年の第13回に参加すれば、3回目となります。(清浄華院と合わせた通算ではありません。)

有り難い事に、大木魚と共にお念仏させて頂ける御縁も賜り、今年も共にお念仏させて頂こうかと考えております。

私の業務の都合にもよりますが、第13回増上寺24時間不断念仏会に参加できますように、業務をしっかりと終わらせて、現地入りしようと考えております。



今回は、2018年第13回増上寺24時間不断念仏会のお知らせと、予定・タイムテーブルや概要と、注意事項をお伝え致します。

以前もこのブログ内で申し上げたことでありますから、以前の記事をお読み頂いている方にとっては、復習になりましょうかな。

スポンサーリンク

第13回増上寺24時間不断念仏会の基本情報:開催日時やタイムテーブル、アクセスなど基本情報

2018年の開催で、13回目となる増上寺での24時間不断念仏会。

基本情報につきましては、まあ、「続きはウェブで」的なのりで、公式に情報が発信されているサイトを見て頂ければ一目瞭然です。



観智院のウェブサイト:「第13回増上寺24時間不断念仏会」



そして、実際の様子はこちらの動画に御座ります。







はい、お帰りなさいまし。



それでは、ここで再度、地図も載せながら、第13回増上寺24時間不断念仏会の基本情報をお伝え致します。



:第13回増上寺24時間不断念仏会基本情報:
:開催日時:
2018年5月12日(土)13時から5月13日(日)13時まで
:場所:
東京・増上寺
(東京タワーが見えるお寺さんです。)
:アクセス:
JR浜松町駅から西へおよそ15分



地図はこちらです。







アクセスについてですが、私が過去2回行った時の順路をお伝え致します。



私は、新幹線に乗って品川か東京駅まで行き、そこからJR浜松町駅まで行きます。

JR浜松町駅から西へ向かうと、増上寺へ到着するのですが、途中で門があります。



この門は「増上寺大門」と言われており、確か増上寺のウェブサイトのお知らせにて、改修工事が完了したと報告されておりました。

改修工事完了のお知らせは、2017年9月1日に為されておりましたから、この記事をアップロードしている段階では、まだ観ておりません。



私が前回増上寺を訪れたのは、2017年5月でしたからね、改修された増上寺大門を観るのが楽しみであります。

JR浜松町駅からでしたら、徒歩でも15分前後で到着しますし、折角改修工事が完了した増上寺大門にも出会える事ですから、タクシーで行くのは、なんとももったいない気が致します。

JR浜松町駅を出たら、念仏行脚しながら増上寺の三解脱門まで歩くのも、趣がありましょう。



当日のタイムテーブルは、上記してあるリンク先を確認して下されば宜しいかと存じますが、こちらでも簡単に掲載しておきます。



:第13回増上寺24時間不断念仏会タイムテーブル:
5月12日(土)12時30分から
:オリエンテーション:
:12時45分:開始にあたり祈願
:13時:ただ一向に念仏すべし(この後24時間ぶっ続けでお念仏)
:18時から19時:夕食(この間に夕食を頂きましょう。)
日付変わって5月13日(日)
:5時30分:大殿朝勤行(希望者は増上寺の勤行に参加できます。)
:7時から8時:朝食(この時間で朝食を頂きましょう。)
:10時から11時:増上寺境内拝観(増上寺の歴史など色々と聞けます、是非。)
:13時:結願(けちがん)、終了
:14時:解散



タイムテーブルをざっとお伝え致しますと、このような感じです。



途中、仏様の周りをぐるぐる回る「行道」や、「なーむあーみだーぶなーむあーみだーぶなーむあーみだーぶー」と、南無阿弥陀仏を3回称えながら立ったり座ったりする「三唱礼」もあるかもしれません。

「あるかもしれない」としか言えないのは、その時々、参加されている方々の様子を見ながら、という感じ故にであります。



また、24時間念仏開催中は、インターネット経由で様子を確認することが出来ます。

当日は、世界各地のお寺や壇信徒の方々とインターネット中継がありまして、各々のお念仏の様子が映し出されます。



私も、パリと京都がお念仏で繋がる夜という事を目の当たりにして、感慨深いものがあったことを、今でも憶えております。

「ああ、お念仏で世界と繋がる、お念仏が御縁をつなげて下さっているのかなあ。」と。



また、開催中はFacebookでも随時様子を知る事ができます。

スタッフの方々、お坊さん達がFacebookもフル活用しながら様子を伝えて下さり、写真を見ることが出来ます。



参照先:24時間不断念仏会のFacebookページ



2018年第13回増上寺24時間不断念仏会の概要、簡単にではありますが基本的な情報は、このようなところで御座います。

スポンサーリンク

24時間不断念仏会の注意事項を幾つか

増上寺で開催されます、第13回24時間不断念仏会について、以前も話したことと重複致しますが、ここでも注意事項をば。



諸注意や事前情報につきましては、オリエンテーションから参加される方には、その時に教わる事ではあります。

また、会場で頂ける冊子にも、注意事項諸々記載されておりますから、そちらも必ず確認して頂ければと存じます。



ここでは、あくまで予習的な話として、注意事項を申し上げておきます。

注意点1:お念仏しながらの飲食厳禁

24時間不断念仏会での、注意点その1。



「本堂や念仏道場にて、お念仏している最中に飲食する事は厳禁」



これは、24時間不断念仏に限らず、別時念仏会であったり、お寺の本堂や修行道場にいる間は、言われることでありましょう。

これ、ついついやらかしそうになる可能性がありますから、ここで口を酸っぱくして申し上げておきます。



24時間不断念仏会には、休憩処が設けられておりまして、そこで喉を潤す事が出来ます。

もちろん、飴玉や飲み物を持参して、休憩処で飲食して、喉を回復されるのも宜しかろうと存じます。



ただ、ですね。



飴玉を口に含んだまま、再度お念仏をするべく念仏道場へ行かないように。

と、言いますのも、口に飴玉が入ったままお念仏するために口を開いて、ぽろっと畳の上に転がったら、畳が汚れます。

そういう事故も起こりかねない故に、飲食は定められた場所できちんと完結させましょう。



もちろんこれは、私自身にも言える事で、自戒を込めて。

注意点2:夜間は特に足下に注意をば

24時間不断念仏会において、注意点の二つ目。



「夜間は特に足下が見えにくく、夜間に移動の際は足下にご注意下さい」



これは、去年も注意事項に盛り込みましたね。

実際に言ったら分かりますが、夜間は足下が暗くて、注意して歩かねばなりません。



何故、今年もこの事を注意点として話すかと申しますと。



24時間不断念仏会の会場は、インターネット中継のために、プロジェクターなどの機材が所々に設置してあります。

加えて、配線も御座いますから、場所によっては足が引っかかってしまう恐れがあります。

足下が暗くて見えにくい夜間には、その危険が増します。



ゆえに、夜間に念仏道場を移動する際には、足下にはくれぐれもご注意下さればと存じます。



もちろん、この事についても、自戒を込めて。

注意点3:無理はしない

増上寺24時間不断念仏会に参加するにあたっての注意点三つ目。



「無理はしない事」



これは、オリエンテーションにて毎年主催されるお坊さんから、アナウンスがある内容です。



24時間不断念仏会は、24時間ぶっ続けでお念仏しなければならない、という事ではありません。

2時間でも、30分でもお念仏出来ますし、無理して競い合う競技ではありませんからね。



そりゃあね、過去には「百万遍」として知られるお念仏の話もありますし、法然上人は1日に6万回、7万回とお念仏されたという話が伝わっております。

24時間不断念仏会にて、本当にぶっ続けでやれば、そこまで到達する事はありましょう。

「ただ一向に念仏すべし」を貫いたら、結果としてそこまで到達する事は、可能性としてはありましょう。



ただ、再度申し上げますが、お念仏は競技スポーツではありませんから、無理はしなくても宜しいかと存じます。



ちなみに私は、法然上人が「知者の振る舞いをせずして、ただ一向に念仏すべし」と伝えて下さっているのに、「長時間の念仏している私は偉い」などと、慢の煩悩を燃やしたことが幾度もあります。

そこに気づいて、「ああ、知者の振る舞いをしてしもうた、一向に念仏しておらんなあ。」と懺悔(さんげ)し、またお念仏に戻ります。



ただただ一向に、お念仏に励む事、ただし無理をせずに。



徒然草の話では法然上人は、「眠いときは寝て、起きたらまた念仏すれば宜しかろう」と仰っています。

24時間不断念仏会には、仮眠室も設けて下さっていますから、無理はせず、眠くなったら仮眠を取って、すっきり目覚めたら、またお念仏すれば宜しかろうと存じます。



是ももちろん、自戒を込めて。



24時間不断念仏会など、別時念仏会に参加することで、お念仏を忘れがちな日常の自身に気づく

今回は、2018年第13回増上寺24時間不断念仏会について、簡単にではありますが、基本情報と注意事項について、お伝え致しました。



これらの情報は、当日会場にてアナウンスもありましょうし、冊子にも書いて御座います。

また、上述したリンク先からも確認できますから、そちらを再度参照して下さればと存じます。



念のために、去年の話をこちらでお伝えしておきましょう。



参照記事:「増上寺の第12回24時間不断念仏会(2017年)|アクセスや駐車場等の諸注意を経験者かく語りき」

参照記事2:「増上寺第12回24時間不断念仏会体験記前編|ただ一向に念仏すべし」

参照記事3:「増上寺第12回24時間不断念仏会体験記後編|在家仏教者で念仏者の感想文やら体験談やら」



最後に、私が24時間不断念仏会をはじめ、別時念仏に行く意味と言いますか、その辺りの話をば。



私は、不断からお念仏を仏壇の前にて、勤行時にお称え申し上げております。

毎日のことではありますが、いざ勤行を終えた次の瞬間には、お念仏を、お念仏の教えを忘れること常で御座います。



一回の念仏でもよい、と教わったお念仏。

しかし、そこに甘えて日々の生活では、お念仏を忘れている時間の方が長いと、己を省みております。



そうした時、このような別時念仏会にて、称える壇信徒の方々や僧侶の方々と共にお念仏に励む事によって、日常の怠け心やお念仏を忘れがちな自身に気づかせて頂けます。

あくまでこれは私の場合ではありますがね。



もしも御縁あって、時空間を共にお念仏をお称えできますれば、賜りし御縁嬉しゅう御座います。



ただ一向に念仏すべし。



合掌、十念、礼拝

スポンサーリンク