アフィリエイトコンサルタントや高額塾が駄目な3つの理由|だから詐欺師だって言われるんですよ

御参拝、誠に有難う御座います。住職(管理人)の修羅観音です。

以前に、トレンドアフィリエイトは消耗戦であるという話をしておりますから、その関連の話をば。
ネットビジネス業界では、アフィリエイトという言葉や概念は、最早珍しく無いものであります。

そのアフィリエイトを教えている、アフィリエイトコンサルタントを生業としている者も、増えておるようで。

アフィリエイトを教える系、稼ぐ系の高額塾や稼ぐ系コンサルタントも、探せば沢山出て来ます。

ただ、そういった類いの輩は往々にして我利我利亡者か、餓鬼畜生な多財餓鬼である確率が高くなっております。

と、言いますか、私みたいな宗教者の視点を持ってすれば、ほぼ全滅ですがね、本当に光る人は、私が知る限りでは、まだ二人だけです。



ほんと、特に無料オファーだかプロダクトローンチだとか、トレンドアフィリエイトコンサルタントは実に酷い。

あの世に旅立ったときに地獄に堕ちるどころか、現在進行形で地獄にいる事に気づいていないきゃつらは、滑稽ですらあるというレベルです。



私は内職の傍ら実態調査のために、私は懐に飛び込み潜入調査を何度かしております。

そのような経験からかき集めて把握した実態を元に、何故、アフィリエイトコンサルタントや高額塾の類いが駄目な奴ばかりなのか、詐欺扱いされているのか、理由を三つに絞ってお伝え致します。

自己啓発系の詐欺も、これに当てはまる事が大きいと考えて頂いて結構です。



修羅真観の修羅側が色濃い話です。

スポンサーリンク

アフィリエイトコンサルタントや高額塾が駄目な理由1:集客と集金まで本気で、肝心のコンサルティングが雑過ぎる

アフィリエイトコンサルタントや稼がせる系高額塾の類いで、駄目な奴率が高い理由の1つ目は、これです。



「集客と集金までは親切で本気っぽい、けど肝心のコンサルティングが幼稚で雑すぎ」



いや、ね、ほんとこれですよ。

殆どのネットビジネス系コンサルタントや、アフィリエイトコンサルタントは、こんなんばかりです。

「俺はそんな事は無い!」と、鼻息を荒くしている輩は、まさにこれです、「そういうあなたのことですよ」と、申し上げておきたい。



我利我利亡者な詐欺的コンサルタント共にとって、本番は集客してから集金まで、肝心のコンサルティングが雑で拙過ぎる。

これが、アフィリエイト系のコンサルタントを自称する詐欺師や我利我利亡者の典型的な姿です。



コンサルタントというのは、本来は成功報酬ですべきですからね、もうこの時点で話になりません。

百歩譲って、先にお客様からお金を頂くとしても、あまりにも酷すぎる。



お客様から先にお代を頂いたとして、その後のコンサルティングが、コンサルタントの仕事や業務の本番です。



しかし、現状はどうでしょう。

先に集客して金を取るだけ取って、その後の肝心のコンサルティングは、雑で話にならないという酷い有様です。

実際に私も潜入して観てきましたよ、経験したから言える事です。



集客して集金するまでが本番であり、その後のコンサルティングはおまけという在り方でコンサルタントを名乗る詐欺師や我利我利亡者の、いかに多いことか。



これらは、我利我利亡者で詐欺師なコンサルタントの、情報発信なり集客用のブログなり、セールスレターを観れば一発でバレます。

報酬自慢、「コンサルで月収何々万円達成!」とか、稼いで金額自慢している輩は、大概このパターンです。

お客様に何を成すべきか、ではなく、自分がいかに集客して金だけを奪うか、お金しか見えていない事が見え見えです。



特にネットビジネス系コンサルタント、アフィリエイトコンサルタントや高額塾は、カモをかき集めて集金する事に躍起になっております。

肝心の、お客様が来て下さった後に、お客様にすべきコンサルティングは話にならないレベルであるにも関わらず、です。

特にトレンドアフィリエイト系のコンサルタントは酷すぎる、詐欺と言っても良いレベルです。



コンサルティングサービス開始前に、金銭を要求するコンサルタントは、大概詐欺師か我利我利亡者で、お客様を金か自分の養分にしか観ておりません。

ゆえに、それらは無視した方が健全ですし、怪しいと思うその感性は、非常に大切であります。

アフィリエイトコンサルタントや高額塾が駄目な理由2:お客様を知ろうとしない、教える・伝える事を舐めすぎ

アフィリエイトコンサルや稼がせる系の高額塾などで、駄目だと言われる理由の二つ目は、これです。



「お客様を知ろうともせず一方的で、教える事や伝える事の難しさを舐めすぎている」



ほんと、これも実に酷い。



コンサルティングに限りませんが、何かを伝えるという事は、相手ありきの事であります。

是も、トレンドアフィリエイトコンサルティングを自称する詐欺師に多いのですが、お客様を知ろうとする気もなくて、物事を人様に伝える事を舐めているというのは、集客の段階でわかります。



例えば、セールスレターなりメールマガジンでの集客で、こんな文言を観たことありませんかね。

「私にも物理的限界があります、今回教えられるのは、最大でも30人までです」とか。

「10人が、濃厚なサポート・コンサルが出来る限界です」と。



もうね、これ、話になりませんから。

そして、何故話にならないか、と言う事がわからんなら、コンサルタントをヤッテは行けません、やる資格ありませんから。

コンサルタントは、資格無しでも名乗れば出来てしまうけれども、やってはいけませんよ、こんな事を平気で言っている奴らは。



だって、人に物事を正確に伝える事の難しさを、舐めすぎです。

もちろん、物事を正確に伝えることが得意な人も、世の中にはいらっしゃるでしょう。

しかしね、私が潜入したネットビジネス系コンサルタントで、それが得意な亡者は皆無でした。



そして致命的な事に、そもそもとして「お客様を知ろうともしない」という奴らが多すぎます。



お客様を丁寧に知ろうとしないで、どうやってコンサルティングをしようというのか。



コンサルタントが持つべき、そして育み続けるべき特性や手法として「対機説法(たいきせっぽう)」が御座います。

是は、仏教を学んでいる人ならば、釈尊の説法のやり方と在り方として、よくご存じでありましょう。

「対機説法」とは、相手にきちんと併せた伝え方という意味で、相手がきちんと言葉や意図をくみ取れる言葉と伝え方によって、法を説くということです。

これは、物事を教え伝える仕事、コンサルタントや学校の先生が持つべき特性や手法です。

そして、それをするために大切な事が、「お客様をきちんと知ろうとする事、そして知る事」です。



しかし、これがなさ過ぎるのが、アフィリエイトコンサルタントなり、ネットビジネス系コンサルタントや高額塾の亡者共です。



だから、教え方も一方的で雑で下手、もしもお客様が成果を出されても、それはお客様の受け取る力が長けていた、もしくは生来的な才覚であったり能力であり、コンサルタントの実力ではありません。



「濃厚なコンサルティングが出来るのは○○人まで」と抜かすのは、詐欺師か我利我利亡者で無能な自称コンサルタントと観て結構。

お客様を舐めていて、一人の人に、一つの物事を正確に伝えることの難しさを考えた事もないから、そのような事を平気で言えるのです。

一人の人に、一つの物事を伝える事を丁寧に考え抜いている人は、このような事は言えませんからね。
スポンサーリンク

アフィリエイトコンサルタントや高額塾が駄目な理由3:自分が提供するサービス・商品を理解していない

アフィリエイトコンサルタントや高額塾などが、だから詐欺師って言われるんだよという理由の三つ目です。



「コンサルタントの提供すべきサービスなり商品を理解していない」



私は、コンサルタントやそういう系統の職業は、全て成功報酬でやるべきである、という立ち位置です。

しかし、現状は真逆です。

まあ、私一人がごちゃごちゃいっても、現代社会の風潮は今すぐひっくり返ったりはしませんから、百歩譲って、コンサルティング料をサービス開始前に受け取っていると致しましょう。



では、コンサルタントが提供すべきサービスや商品って、何で御座いましょう?

お客様に渡すべきマニュアルでしょうか。

スカイプで1週間に1度、2時間ほど時間を取ってやりとりする事でしょうか。

それとも、対面コンサルすることでしょうか。



確かに、それも提供すべきサービスなり商品でありましょう。

しかし、現状はお客様に薄っぺらいマニュアル・手引き書を渡して、はい、おしまい、という輩ばかりです。

肝心の、直接やり取りするコンサルティングは、最早コンサルティングでは無いと言うのが、私が潜入してきた自称コンサルタント達の姿でした。

一人もいませんでしたよ、本当にコンサルタントのサービスや商品を理解している輩は。



では、コンサルタントがお客様にて提供すべきサービスや商品とは何か。



それは、
「お客様が成果・結果を出された上で、抜苦与楽(ばっくよらく)を実現すること」
です。



例えば、稼ぐ系のコンサルティングの場合、目標が3ヶ月で10万円達成する事とするならば、それをきちんとお客様が成し遂げた上で、お客様の「抜苦与楽(ばっくよらく)」を実現された段階で、初めてサービス・商品をお客様に手渡したことになります。

もしもサービス開始前にコンサル料を受け取ったにもかかわらず、お客様がここまで到達されていなかった場合、金だけ取って商品を渡していない、という事になります。



これに対して、「コンサル生が行動しないから達成出来ないのは、コンサルタントのせいじゃない」なんて言い訳する自称コンサルタントは、我利我利亡者な詐欺師です。

いませんか、「言う通りに行動しないコンサル生が悪い。」「マニュアル通りに出来ていないから駄目なんだ」とか、つらつらと言い訳ばかりしているコンサルタントの類いって。

大体、行動しない言い訳をするな、とか偉そうに言っているのに、自分は言い訳するとか、みすぼらしい。



これは、「先に金銭だけ受け取って、商品をお客様に渡さない」という構造です。

だから、詐欺師って言われるんですよ、詐欺師扱いされても文句言えませんよ。



しかし、このことを理解していない自称コンサルタントなる詐欺師や我利我利亡者の、いかに多いことか。

特にインターネットビジネス系のコンサルタント、アフィリエイトコンサルタントや高額塾の講師は、こんな輩ばかりです。

トレンドアフィリエイトコンサルタントは、最早末期症状レベルです。

この事例から我々が学ぶ事:反面教師として吾が振り直して姿勢を正して生きる事

現状の、アフィリエイトコンサルタントを名乗る我利我利亡者や、高額塾の類いが駄目な理由は、この三つ以外にも色々と御座います。



例えば、「アフィリエイトコンサルタントや高額塾、更にはアフィリエイトは稼げない詐欺だというのは人のせいにしているから稼げないんだ」と、亡者共がよく使う言説があります。

大体が、我利我利亡者や詐欺師の見苦しい言い訳で、貴様らの方がまさに人のせいにしているんだろうが、というところです。

「お前が言うな」ってやつですね。



なんだか、ネガティブと言いますか、批判的なことばかり、修羅の顔ばかり見せてきましたが、実はこれらから我々が学べる事も御座います。

別に、「仕掛けられる側から仕掛ける側へまわる」という事ではありませんからね、それは詐欺師に騙される側から騙す側に、と言っているのと同じですから。

このことは、仏教であったり、社会通念とは違う視点を持つ事で、仕掛ける仕掛けられるとは違った生き方も出来ます。



肝要な事は、これらの事例を反面教師にして、自分はこうならないための戒めとして使う事です。



私は、こういう事を平気でやってしまっている詐欺師や我利我利亡者の類いを観てきて、実際に呪われた輩も観てきました。

そして、そのような亡者のところで、たまたま運良く成果を出してしまって、新たなる詐欺師や我利我利亡者になってしまった輩もおったものです。



我々は、こういう事情を反面教師とし、このような輩に染まらないために、智慧を育む事が出来ます。

私の場合でしたら、仏教なり宗教の視点を持って、これらを悪縁という題材として、戒めを律して生きるようにしております。



ただ批判するだけでは、智慧を育む事は出来ませんし、智慧を育んでおかないと、毒に当てられて大切な財をだまし取られてしまいます。

逆に、これらの事例をきちんと学び、智慧を育む事によって、きちんと対処出来て騙されない智慧も頂けるのです。



そのための一歩として、自己を知る、自己の心情なり精神面の変化を常に気づく事を訓練しておくことで、更に騙されない智慧を育む事が可能です。

参照記事:「マインドフルネス瞑想の効果|日常で活かされた3つの体験」

参照記事2:「マインドフルネス瞑想をするなら読んでおきたい3冊の本」



尚、今回の話と共に、こちらも読んで頂くことで、よりネットビジネス系、アフィリエイトコンサルタントや高額塾の詐欺師屋我利我利亡者に騙されない智慧を育む一助となるかと存じます。

参照記事:「トレンドアフィリエイトブログで消耗しているの?稼げる稼げない以前に大切な事」

参照記事2:「情報商材の詐欺に遭わない一番の方法は、キャッシングの正しい知識と同じ」



事例から学び、財と大切な人生を搾取されぬ智慧を育む力となりましたら、嬉しゅう御座います。



合掌、礼拝

スポンサーリンク