ProEngineer(プロエンジニア)が第二新卒と20代既卒フリーターに必見な理由|就職支援を使い倒すべし

御参拝、誠に有難う御座います。住職(管理人)の修羅観音です。



私は、現在この寺院(ブログ)にて、プログラミングを独学習したことのアウトプットの場として活用しております。
私は現在、主にRubyとRuby on Railsプログラミング学習は独学でありますが、出来る事ならスクールに通って学び痴態という欲求が、今もありましてね。

そのような最中で見付けました「ProEngineer(プロエンジニア)」のプログラマカレッジという企画は、非常に心惹かれるところであります。

しかし、残念な事に、私は年齢で引っかかってしまい、「10年若ければ」「20代だったらなあ、第二新卒や既卒フリーターの時代だったらなあ。」と、思いが募るところであります。

仏教者としては、過去への執着は気づきの智慧によりて、意味付けをしないようにしておりますがね。



ProEngineer(プロエンジニア)のプログラマカレッジは、私は特に第二新卒と既卒フリーターという属性の方にとっては、強い味方あり必見と言えるサービスです。



プログラマ・エンジニアの仕事に興味があり、尚且つ一旦は就職して企業社会で働いてみたい、という人にとっては、本当に打って付けなサービスだなあ、と思う所です。

ProEngineer(プロエンジニア)では、「無料で現場にて活用するプログラミング(Java)を学ぶ事が出来る」上に、就職支援も受けられますからね。

ほんと、私だったら飛びついております、現在はSkypeによる遠距離通いも出来るわけですから、使わない手はありません。



今回は、何故20代~30歳未満の第二新卒と、既卒フリーターの人にとって、ProEngineer(プロエンジニア)が必見と言っても過言では無いのか、その理由をお伝え致します。



ProEngineer(プロエンジニア)が20代~30歳未満の第二新卒と既卒フリーター必見のサービス

ProEngineer(プロエンジニア)については、この寺院(ブログ)にて、何度かその有り難きサービスについて、お伝えしてきております。



参照記事:「ProEngineer(プロエンジニア)は終活支援付きでプログラミングを無料で学べるとは凄い!」

参照記事2:「ProEngineer(プロエンジニア)のプログラマカレッジ|3つのメリットと注意点なる条件について仏教者の視点から」



こればかりは、巡り合わせの御縁ですが、私も学生時代か、第二新卒か既卒フリーターの頃に御縁がありましたら、飛びついておりましたがな。

大学では、BASICとCOBOLとFORTRANを、授業で一応触りはしましたし、IT企業の面接も何度も受けたものですから。(全部落ちましたけど。)

それに、就職できぬまま卒業して、既卒フリーター時代もありましてね、そのにProEngineer(プロエンジニア)があったらなあ、という愚痴や煩悩が御座います。



そういう体験があるからこそ、特に第二新卒と既卒フリーターの人にとって、ProEngineer(プロエンジニア)は有り難い存在であると、頂いております。

ProEngineer(プロエンジニア)が第二新卒と20代既卒フリーターにとって必見である三つの理由

第二新卒と既卒フリーターの人にとって、何故そこまでProEngineer(プロエンジニア)プログラマカレッジという企画が、必見レベルに適していると言えるのか。

その理由は色々とありますが、ここでは特に大きな理由を3つに絞ってお伝え致します。

ProEngineer(プロエンジニア)が必見の理由1:無料でプログラミング学習が出来る

ProEngineer(プロエンジニア)が、第二新卒と既卒フリーターにとって、必見レベルの話であるという理由の一つ目。



「プログラミング学習と就職支援を無料で受けられる」



これですよ。



私は仏教者ではありますが、在家仏教者ということで、娑婆世界の理や生き方についても、きちんと観ております。



娑婆世界、この現代社会においては、お金の問題・お金の課題は外せない事でありましょう。

特に、第二新卒と既卒フリーターにとって、お金の問題は切実です。

私も既卒フリーター時代は、珈琲一杯も「うーん」と考えたり、ケチった経験ありますし。



そのような状態で、プログラミングスクールに通うという事を考えた場合、プログラミングスクールの相場は大体が10万円以上しますから、「出せるか!」と、投げるも多いかと存じます。

しかも、第二新卒と既卒フリーターは、プログラミングスクールでよく見かける「学生優遇・学生割引」の対象外ですから、割引制度も使い切れません。



ProEngineer(プロエンジニア)では、「無料でプログラミング学習が出来る」という強みがあり、経済的な課題をクリアしております。



ここが、私が「既卒フリーター時代だったら、飛びついたのに」と申し上げる所以です。

プログラミングスクールに通う際に、最も気になり、尚且つネック・困った問題になるであろうお金の問題を、考えなくて良いと言うのは、非常に有り難し。

交通費やSkypeの通信費、Skypeをするためのマイク代などは、別途必要としても、最初に十万円単位のお金が吹っ飛ばない事は、有り難い事この上ない事に御座いましょう。



それに、上手く活用すれば、学習段階でクラウドワークスやランサーズ等のクラウドソーシングサービスにて簡単な案件をこなすに到れば、お金を稼ぎながら無料でプログラミングを学び続ける事も出来ます。



無料でプログラミング学習が出来るProEngineer(プロエンジニア)の環境は、まさにお金の心配があるであろう、第二新卒と既卒フリーターの強い味方であることは、確かで御座います。

ProEngineer(プロエンジニア)が必見の理由2:就職支援も無料で受けられる

ProEngineer(プロエンジニア)が、20代から30歳未満の年代の第二新卒と既卒フリーターにとって、必見である理由の二つ目。



「就職支援も無料で受けられる」



これもProEngineer(プロエンジニア)を利用する上で非常に大きなメリットであり、第二新卒と既卒フリーターにとっては、非常に有り難いサービスです。

大学生の頃は、大学の就職課を利用する事が出来ますが、卒業したら使えないというところも御座いましょう。



ちなみに私の母校は、就職課はあってないようなもので、申し訳程度に企業説明会もどきをしていた、というような時代でした。

しかも、やたら学生に対しては偉そうでしたし、使い勝手も悪い。

改善されていることを、切に願うばかりであります。



ProEngineer(プロエンジニア)は、IT関連の企業に一旦就職することを考えている人にとっては、有り難い支援が御座います。

まず、サービスを利用開始して、プログラミング学習をする研修期間中に、HTMLやCSS、Javaを学びます。

それに加え、Linuxの基礎や概念、それにサーバー構築も学べるというのも、有り難し。



その上で、それら学んだ事を活せる企業、主にProEngineer(プロエンジニア)が提供している就職案件になりましょうが、それらの企業に就職できるよう、支援もして貰えます。

学んだ技術・スキルを活かせる企業に就職する流れが構築されているのは、大変嬉しいサービスですね。



ちなみに、ProEngineer(プロエンジニア)の就職案件には、フリーランス向けの案件も御座います。

ProEngineer(プロエンジニア)を活用出来るのは、「就職の意思がある人」という条件がありますけれども、将来はフリーランスとして働きたい場合、一旦就職する事を前提としながら相談してみると良いでしょう。



就職支援と、将来の話については、無料見学を受け付けていますから、無料見学・無料相談のサービス中に尋ねてみると宜しいかと存じます。


ProEngineer(プロエンジニア)が必見の理由3:世間の目を気にしなくて済むという安心感・精神衛生上の話

ProEngineer(プロエンジニア)が、20代から30歳未満の、第二新卒と既卒フリーターにとって必見と言える理由の三つ目。



「精神衛生上の話:プログラミング学習と就職支援を受けての手に職・就職活動をしている実感による安心感」



これね、以外と馬鹿に出来ません。

既卒フリーター経験者はかく語りき。



私もね、既卒フリーターとして八つ橋工場で働いていたときに、時々突っつかれたりしたことがありましてね。

「アルバイトではなく、手に職とか、安定した職を探しなさい」的な事を、何度か言われましたよ。

私は言い返せずに、サンドバッグ状態で耐えておりましたがな。



現在、私は仏教者として生きており、仏教で学んだ事や仏法を頂いて、そのような事に囚われるのは錯覚である、と言う見方もしております。

そもそもとして、この世は諸行無常、安定した職というのは幻想に過ぎない、ということも理解しております。



ただ、そうは言っても、今回の話をここまでお読み下さったあなたは、娑婆世界の理の中で生きてきたという色が濃いかと存じます。

「無料でプログラミングが学べて、更に無料で就職支援が受けられる」という事に興味惹かれているのであれば、なおのことで御座いましょう。



それ自体は悪い事ではありませんし、そもそも善悪で語る事でもありません。

と、言いつつも、やはり世間で生きていれば、第二新卒や既卒フリーターという立ち位置では、周囲の目も気になりましょう。



そうした状況下で、精神面において、ProEngineer(プロエンジニア)は強い味方となってくれます。



ProEngineer(プロエンジニア)に通っている間は、手に職を付けている、将来の就職やフリーランスとしての道も拓くための活動をしているわけです。

何もしていないわけではありませんから、堂々と「今、プログラミングをProEngineer(プロエンジニア)に通って勉強しています。」と言えるようになります。



また、そこから就職支援を受けながら就職活動も出来ますから、世間の「就職もせんと」「既卒フリーターがプラプラしている」という苦言も言われない要素となります。

もっとも「余計なお世話だ」てなもんですがね。



仏教者でありながら、もの凄く俗物的な話をしておりますが、娑婆世界で生きる上では、この「精神安定剤的な安心感」は無視出来ないものであろうと、実体験からも言える事で御座います。



精神的な安定、安心感も得られつつ、転用可能なプログラミングスキルを向上した上で、就職支援も受けられるProEngineer(プロエンジニア)のプログラマカレッジ。



まさに、第二新卒と既卒フリーターにとって、必見とも言えるサービスでありましょう。



20代の間に第二新卒と既卒フリーターは、ProEngineer(プロエンジニア)を活用すべし

今回は、ProEngineer(プロエンジニア)のプログラマカレッジは、第二新卒と既卒フリーターにとって強い味方であり、必見レベルであるという理由を、3つに絞ってお伝え致しました。



参照先:【フリーター・未経験歓迎】手に職をつけるプログラミング&就活スクール

他にも色々とあるのですがね、未経験からでもしっかりと学べる制度が整っている、等々。

その他にも、注意深く観れば、仏教的な側面も見出すことも出来ますし。



なぜ、ProEngineer(プロエンジニア)が無料でプログラミング学習と就職支援が出来るか、という事を観ると、僧伽(さんが)と支える衆生の関係との共通点も見出すことが出来ます。



参照記事:ProEngineer(プロエンジニア)が無料で利用出来る理由についての記事



尚、今回の話は、他のプログラミングスクールとの比較もしている話を以前にしておりますから、それと合わせてお読み頂ければ、より理解を深めて頂けるかと存じます。



参照記事:「無料のプログラミングスクール(年齢制限あり)がいかす|ProEngineer(プロエンジニア)とテックキャンプ」



私が既卒フリーターの頃に、ProEngineer(プロエンジニア)があったら、本当に有り難かったものですが、年齢で引っかかってしまうのは、仕方有りません。

こればかりは、御縁ですからね。

吾が計らいの外にある、それが御縁なり。



まだ20代で、年齢で引っかからない人には、是非とも活用して頂き、現状打破が成されれば、大変嬉しゅう御座います。



合掌、礼拝

スポンサーリンク