「憧れの対象を真似る」を繰り返すことの3つの効果|プログラミング学習にも暗記・記憶にも効能あり

御参拝、誠に有難う御座います。住職(管理人)の修羅観音です。

あなたは、「憧れの対象」であったり、何か目標となるような人物はいるでしょうか。
例えば、あなたがボクシングをされているならば、「山中慎介選手に憧れて、サウスポースタイルを練習している」など、そのような話です。



私の場合は、要所要所と言いますか、その時その時で、個別的に「これはこの人を真似して練習してみよう」ということは、御座います。

現在は、プログラミングを基本的に独学習しながら、要所要所で善知識的な方々から、教わっております。

以前お話し致しました、神里よしとさん迫佑樹さんが、そうですね。

参照記事:「神里よしとさんの良記事|コンサルタントや伝導者としての在り方とブログ運営について学べる」

参照記事2:「迫佑樹さんのプログラミング講座「Ruby入門」受講体験記」

お二人は私にとっては、プログラミングにおけるある種の憧れの存在的な要素も御座います。



現在の経験に加え、過去に私が「憧れの対象を真似た」事によって、確かな効果、恩恵を賜ったという経験が御座います。

その経験をお伝えしつつ、プログラミング初学者・初心者の方の、プログラミング独学習において力となるであろう智慧を、お伝え致します。

スポンサーリンク

プログラミング学習において「憧れの対象を真似る」事についての注意点

プログラミング学習をする上で、憧れのプログラマーやエンジニアの存在は、プログラミングを学習する動機付けになります。

「あのような人になってみたい」というのは、物事が継続する力にもなると言う事は、私も経験しておりますからね。



ただ、ここで注意点を申し上げておかねばなりません。



今回の表題にある通り、「憧れの対象を真似る」という練習方法は、特に初学者・初心者の時には、起爆剤になりますし、継続する力にも変換出来ます。

プログラミング学習において、知覚にそういう人がいるという御縁は、非常に有り難く尊いものです。



しかし、だからといって、「憧れの人やメンター的な人は大切だ、だから、なんとしても見付けないと行けない」というのは早計です。

早計と言いますか、短絡的かつ無理矢理に、憧れの人であったりメンターを創り出す事は、憧れの対象・メンター捜しが目的化してしまいます。

もちろん、そのような御縁を賜る機会を増やす行為なり行動が大切であるという事は、否定しませんがね。



私は、「憧れの対象」も「メンター的な存在」、仏教的な言葉を用いるなら「善知識との御縁」は、「他力の働き・巡り合わせを大切にする」という考え方を持っております。

肝要な事は、憧れの対象やメンター的な人物との御縁は、無理矢理創り出すんではなく、自然(じねん)なる縁の結びによってであることです。



 



今回、私が言いたいのは、昨今の自己啓発系詐欺師がよく言う「メンターを持つ事が大切である」という事とは違いますから、ご注意をば。

自己啓発系であったり、ネットビジネス系コンサルタントを自称する我利我利亡者な詐欺師のメンター論は、薄っぺらい毒物でしか有りませんからね。



我利我利亡者や詐欺師共の戯れ言に毒されて、躍起になって「憧れの対象・メンター巡り」で、消耗しないように、との注意を、最初の段階で申し上げておきます。



このことを踏まえた上で、あなたがプログラミングを学習する上で、善き憧れの対象と巡り会い、真似るに値すると判断・決断したという場面を想定した話であると、注意して頂ければ幸いです。

憧れの対象を真似る事で得られる効果

憧れの対象を真似る事には、結果として得られる効果が幾つか御座います。



今回はわかりやすく、私も体験した「憧れの対象を真似る事によって得られる効果・効能」について、3つに絞ってお伝え致します。



もしも、あなたがプログラミング学習であったり、それ以外の分野でも、あなたとバチっと相性抜群の「憧れの対象」との御縁が結ばれたら、真似る事による学び取りをされると宜しいかと存じます。

月並みな言い回しですが、「学ぶは真似る」は、憧れの対象を真似る事により、加速しますからね。



もちろん、その憧れの対象なる存在が、客観的に観て能力的に真似るに値するレベルであると言う事は、前提ですが。
スポンサーリンク

憧れの対象を真似る事による効果1:自分がその分野で目指すレベルと方向が定まる

一つ目の得られる効果。



それは、「自分が為す分野や世界において、目指すレベルと方向が定まる」ということです。



これは、暫定的なことだと考えておいた方がよいでしょう。



例えば、プログラミングの初学者・初心者の段階では、自分よりも数段上のレベルの方が、憧れの対象となる事が御座います。

プログラミングスクールなどでは、「この講師のようなプログラマーやエンジニアになってみたいな」等、そんなレベルから始まる事もありましょう。

そのような場合、憧れの対象が存在してくれていると、プログラミング学習を進めていく上で、暫定的に目指すレベルと方向が定まります。



別の例を出しますと、ブログ運営をするときは、憧れの対象となる人のブログを研究して、まずは書き方なり考え方を真似てみる、というのも有効です。



ちなみに私、プログラミングとブログ運営においては、現段階では神里よしとさんや迫佑樹さんに習って、そのようにしております。



憧れの対象を真似るという事は、「憧れの対象という地図」を手に入れて、「そのレベルになるまで修練するという道」が、見えるわけですね。

そうなると、「憧れの対象を真似て学んで行く」という事を繰り返せば良いのですから、一定期間は自分の為すべき事も、自ずと見えてきます。



もちろん、その「真似て学ぶ」は、仏教が説く「自由:自らに由る」を前提として、ですよ。

流されるままに「真似していればいいや、どうせ到達するから」ではなく、「自由に真似る」というのが肝要で御座います。

憧れの対象を真似る事による効果2:現在地を把握する事が出来る

二つ目の効果。



それは、「憧れの対象を真似ながら、現在地を把握する事が出来る」ということです。



これについては、仏教では戒める「比較する事による苦」がありますから、注意しないと行けないところではありますがね。

「苦になる比較の仕方」ではなく、「精進・修練のための現在地確認のための比較」という比較の仕方をすることが、肝要で御座います。

人と比較するとき、よくありがちなのが「比較対象との力の差を知って、愕然とする・絶望する」という事がありますが、そういう事ではありませんから、ご注意をば。

「ただ、現在の立ち位置、今のレベルを知る、ただその事実を知るだけ」に留めて置く智慧も、合わせて持つ事をお伝えしておきます。



これを踏まえた上で、「憧れの対象を真似て学ぶ」を実践して、要所要所での比較は、現在地を知るために非常に有用であります。



また、暴走して明後日の方向に突っ走って、全然見当外れ名事をしていないか、と言う事を知る安全装置にもなります。



現在地を知る上での指標として、「憧れの対象」というのは、非常に役立ってくれるものです。

憧れの対象を真似る事による効果3:真似続ける事でいつの間にか暗記・記憶している

三つ目の効果。



それは、「憧れの対象を真似て学び続けていると、いつの間にか出来るようになっている事がある」という事です。



実は、この体験を言いたいがために、今回の話を致しました。

実際に私は、この事によって、浄土宗の檀家でありながら、御文章を覚えるきっかけとなりましてね。

そしてその事は、今回の話と違う分野、例えばプログラミング学習やスポーツの世界にも転用できる恩恵があるということも、強調しておきます。



浄土真宗本願寺派の宿坊、聞法会館の総会所というところで、毎日法話がありまして、一時私は毎日のように通っていた時期が御座います。

そこで、新潟教区の旭勲和上という、私とあまり年が変わらない和上さんが、法話に来られてましてね。

そして、その和上さんが法話をして下さった後、最後に「肝要は御文章の拝読にて」と、蓮如上人の御文章を読まれました。



読まれた御文章は「聖人一流の章」というものでして、その御文章の読み方が、「素晴らしい!」と、直観・直感したものです。

これはもう、私の感じ方という個別的な事でしかありませんが、私においては、素晴らしき御文章の読み方との出会いでありました。



その御縁があって、「私も、旭勲和上のように聖人一流の章を読みたい」と、発起致したものであります。



そこから、法話では布教師の方が「聖人一流の章」を読まれる時に、ブツブツと口ずさみ、ことある毎に旭勲和上の真似をして、御文章を読む日々が続きましてね。

そうしたら、いつの間にか「聖人一流の章」を全文、暗記・記憶しておりました。

体が、口が、いつの間にやら完全に覚えるに到ったのです。



旭勲和上の読み方に憧れ、憧れの対象の真似をし続けたら、いつの間にか御文章を覚えた、という流れですな。



しかも、このことは無理に覚えようとしたのではなく、自然と「こうありたい」という想起からなせた事に御座います。



憧れの対象を真似るという事は、かちっと嵌まれば、苦もなく継続し、そしていつの間にか出来るようになる、と言う事を、仏教から学んだという体験です。



そしてこのことは、プログラミングにおいても、スポーツなどの世界でも、起こり得る事です。

もしも今、あなたがいる世界において、憧れの対象なる人物が存在しているならば、事を為す力となりましょう。

私は自身の体験から、確かに申し上げられる事に御座います。

憧れの対象との御縁を大切にして、真似る事で学ぶという修練の方法もあり

憧れの対象との御縁は、非常に有り難いもので御座います。



もしも、何かを始めた際、初学者・初心者の段階で、どんぴしゃりな憧れの対象が身近にいて下さったら、その御縁に感謝申し上げつつ、真似ながら学ぶ事によって、修練の速度も速まる事で御座いましょう。

実践有りきの見取り稽古というのは、私も体験しておりますからね、ボクシングの世界でも、仏教の世界でも、プログラミングの世界でも。

新入社員の人にとっても、必ずや力となりましょう。



ただ、再度注意申し上げておきますが、無理矢理「憧れの対象」を、見付けようとしなくても宜しい。

むしろ、賢しらにそんな事をすると、失敗する恐れも御座います。

これは御縁でありますからね、何事も無理をしては、それこそ「無理がたたる」という現象に陥ります。



あなたが、憧れの対象との善き縁が結ばれ、良き未来に進まれることを願うばかりで御座います。



合掌、礼拝

スポンサーリンク