トレンドアフィリエイトブログで消耗しているの?稼げる稼げない以前に大切な事

御参拝、誠に有難う御座います。住職(管理人)の修羅観音です。

前回、ちらりとトレンドアフィリエイトという言葉を出しております。
トレンドアフィリエイトというのは、トレンド、つまり流行・話題となっている事柄を表題・テーマにして、ブログを作っていくという手法です。

そして、そのトレンドアフィリエイトブログに来て下さったお客様、読者様が、ブログ内にある広告をクリックしてくれたり、販売している商品を買って頂く、という寸法です。

大体が、クリック型広告が主体であり、集客出来たり、アクセスが集まれば何でも良い、アクセス市場主義的なブログなりサイトであったり致します。



今回は、このトレンドアフィリエイトブログ運営について、私が消耗戦だと思う体験談や、稼げる稼げない以前に大切にしたい事柄について、お伝え致します。

私も一度はやってみたことがありますがね、トレンドアフィリエイトブログは消耗戦であると共に、人間辞めかねない諸行である事に気づいて、手動ペナルティなるものを賜りました事もあり、今は辞めています。

実際に、人間辞めてしまった輩も何人も目の当たりにしております。

そんなこんなで、今回は修羅観音の「修羅」の部分が色濃く出ております。

スポンサーリンク

そもそもトレンドアフィリエイトとはなんぞや

このトレンドアフィリエイトブログ運営というのは、私ははっきり言って消耗戦だと感じております。



そもそも、トレンドアフィリエイトとは何ぞや、という話から。



トレンドアフィリエイトとは、読んで字の如く「トレンド(流行や現在話題になっている物事)を題材にして、アフィリエイトしていく」というアフィリエイト手法の一つです。

アフィリエイトとは「提携」という意味で、運営しているブログ経由でお客様にアフィリエイトしている商品を購入頂いたら「宣伝して有難う御座います。」という事で、金銭を賜る事が出来る、という仕組みです。

流通システム論の話を致しますと、ASP(クリック型広告提供者やA8netなどのアフィリエイトサービスプロバイダーのこと)が企業と小売り店(この場合は運営しているブログやサイト)との商社的存在となります。



トレンドアフィリエイトブログの場合は、主にクリック型の広告を設置して、お客様にブログに掲載している広告をクリックして頂き、飛んだ先でお客様にサービスなり物品を購入して頂く、という事です。

最近では、物販なりASPを併用した手法など、色々とありますがね。



クリック型広告の場合、集客、つまりアクセスが集まる事がそのまま頂ける金額に関わると言う事で、アクセスが集まるネタを追い求めることになります。

そうなると、行き着くところはどれも似たり寄ったりで、人々に関心があるであろう事柄に絞り込まれます。

多くの人がトレンドアフィリエイトブログに来て下されば、それだけクリックして頂ける確率が上がりますからね、確率論の話です。



これが、トレンドアフィリエイトの大まかな仕組みです。

トレンドアフィリエイトブログの記事は薄っぺらすぎ

トレンドアフィリエイトブログが、一時期検索すると上位にひしめいていた時期が御座います。

検索する事柄によっては、今も薄っぺらいトレンドアフィリエイトブログが、上位に鎮座しております。



薄っぺらいトレンドアフィリエイトブログが上位表示されやすい言葉・キーワードの代表格が、芸能人や有名人の不祥事なり事件です。

また、そのような話を含めた人様の不幸にまつわる話は、報道された途端にどっと上位にトレンドアフィリエイトブログが表示されるようになります。

他には、芸能界で新人に該当する人の名前で検索してみても、そのような状態になりますね。



で、それらを読んで観た感想は、一言でいうと、これです。



「薄っぺらすぎ」



ほんと、最後まで読む気になれない。

一反木綿に「君ら薄っぺらいんだよ。」と突っ込まれるくらいに、薄い、超薄い、薄っぺらい。

のっぺらぼうに「のっぺりとして薄っぺらい、自分の顔がないね」と言われるレベルです。



今もあるとは思いますが、以前はこういうのが本当に多かった。

例えば、表題・記事タイトルが「(芸能人)のWikiは?プロフィールは?彼氏彼女は?家族は?」とか。

最近はここまで酷くは無いけれども、あなたも観たことありませんかね。

試しに、Yahoo!の最新急上昇キーワードで上位に上がっている人物名を、上から順番に調査してみれば、「あ、これのことか」って、ピンと来ます。



記事タイトル・表題も言葉載られるばかりで酷いけれども、内容も、これまた酷い。

以前よくあったのが、「調べて観たけどわかりませんでした!調査してまた報告します!」というやつです。

で、調査もしないで報告もしない。



それについて、コンサルタントは「オリジナリティを出しましょう」とかいって、感想を書かせてきます。

で、出来上がった記事の流れは、こうです。

「調べたけど分かりませんでした。でもこうこうこうだと思います。ここが怪しいと思います。」



ど素人の不確かな感想なんざ薄っぺらすぎて誰も気にしませんがな。



そりゃあね、個人の感想はオリジナルと言えばオリジナルではあるでしょう。

でも、事実を知りたくて調べている人に、感想をごちゃごちゃ宣っても、響きませんよ。

他人の主張はどんなものか知りたい人には、そりゃある程度は価値ある情報になり得ましょうが、「彼氏は?」と釣っておいて、「わかりませんでした!」となって、素人の感想文を読まされても、「・・・は?」となりますがな。

せめて、その表題にまつわる有益情報か、もしくはライフハック的な役立つ情報をびしっと盛り込まれていれば、まだ読めたものですが、一切ありませんからね。

そりゃ、価値の無いコンテンツと見なされてるのも無理ありません。



このような事情から、私は検索したときに、トレンドアフィリエイトブログであるかどうか、表題・記事タイトルで把握出来るようになりましたし、そういったブログにはアクセスしないようにしております。
スポンサーリンク


私がペナルティかどうかを決めて弾く担当者ならば、即刻「喝!」と弾きます。

今生き残っているこれらの類いのトレンドアフィリエイトブログは、実力で生き残っているのではなく、たまたま担当者の目にとまっていないだけです。

ようするに、運が良いだけ、実力ではありませんし、実力と錯覚するのは、勘違いも甚だしい。



運も大切な要素ではありますが、不確かな運におびえながら、それに加えてトレンド(流行や話題沸騰の話)を追いかけ続けると、心身共に消耗します、疲弊します。

大した興味もトレンドを追いかけ続けて、薄っぺらい記事を量産して心身共に消耗するのは、私はこれ以上やりとう御座いません。

人間辞めますか?トレンドアフィリエイトやめますか?稼げる稼げない以前の問題

トレンドアフィリエイトブログの運営において、集客であったりアクセスを集めるネタというのは、必然的にしぼられてきます。

その代表格が、上でお伝えしておりますように、有名人の不祥事や事件、誰々が結婚しただとか離婚しただとか、週刊誌で話題になりそうな話です。

また、台風や地震、どこどこで火の手が上がっただの、どこどこで事件発生だの、そのようなネタも、確かにアクセスは集まるネタです。

訃報もそうですね。

大体、爆発ネタと呼ばれるネタ先生は、この類いが殆どです。



つまり、人の不幸にまつわる話はアクセスが集まりやすく、そこに集約されていきます。

要するに、「人の不幸は蜜の味」というわけで、人様の不幸を換金しているという話です。



これ、無料レポートやコンサルティングにおいて、平気で教えている輩もおりますよ。



確かに、お金だけを軸に考えれば、アクセスは集まりますし、クリック率も上がるでしょう。

しかし、まともな神経と言いますか、宗教心があったり、道徳観・倫理観をきちんと持っている人ならば、踏みとどまれます。



アフィリエイトでも、トレンドアフィリエイトブログでも、運営の仕方によっては、人の不幸や苦しみを抜く、「抜苦与楽」となるやり方もあります。

苦しみを何とか和らげる提言をする、その上で「これを使えば、より和らぐ」と言う事で、そっと何かを提案する、という方法が、まさに「抜苦与楽」のアフィリエイトです。



しかし、事件ネタなり芸能人や有名人の不祥事なり結婚離婚ネタから、そのような記事を書いているトレンドアフィリエイトブログは、皆無です。

野次馬が、更に野次馬を寄せ集めているというのが、平気な顔をして事件ネタや人様の不幸を餌にしているトレンドアフィリエイトブログの実態です。

こういっても、もう金しか目が無い拝金教徒、拝金教の狂信者には、私の言っている事は届かないでしょうがね。

そもそも、そういった輩はまともな人間を辞めてしまっている可能性があり、人語も理解で筋可能性もありますし。



かくいう私もね、一度、訃報についての記事を執筆しようとする機会がありました。

私はボクシング経験者で、ボクシングについての情報は未だに情報源もありますし、ボクシングマガジンの愛読者でもありました。

それで、あるボクサーの訃報を知り、そのボクサーについても情報を知っていましたから、トレンド記事を書こうと思えば、かけましたよ。

兄弟でボクシングをされていることも知っていて、「(ボクサ-)の死因は?兄弟は?試合動画は?」と、書こうと思えば書けました。



でも、書きませんでした、いや、書けませんでした。



宗教心からか、道徳観や倫理観、あるいは良心からか、書けなかったんです。



また、地元で有名な繁華街で、火の手が上がって騒ぎになった時がありましてね。

その場所は知っておりましたし、実際に行ったこともありますから、これも書こうと思えば書けました。

でも、書きませんでした。



だって、被害に遭われた建物の所有者なり店主が、わーわーと騒ぎ立てた、金ほしさに書いた薄っぺらい記事を読まれたら、どう思われるでしょうか。

芸能人の離婚ネタや不倫ネタも、そうです。

そりゃ、そんな事をする自己責任と言えばそうでしょうし、正論な部分はありましょう。

だからといって、外野が、それも素人がごちゃごちゃと騒ぎ立てるのは、如何なものでしょうかね。

それはあまりにも、他者意識の欠如でありますし、意地汚い。



金が稼げればそれで良くて、人の不幸を換金して何も感じないのは、私は最早、人とは見なしません。

それでなまじ稼げてしまった場合、人の不幸を喜ぶ亡者餓鬼畜生になりかねません。

「我利我利亡者」「多財餓鬼」といった、人あらざる者と見なしております。

稼げる稼げない以前に、この辺りをもっと考えるべきで御座いましょう。



人間辞めますか?人の不幸を喜ぶトレンドアフィリエイトブログ辞めますか?



自分がネタにしようとしている話は、いかなる事なのか。

「書けても書かない」という奥ゆかしさと精神性を、大切に持っておきたいものです。

トレンドアフィリエイトコンサルタントはコンサルタントにあらず:大体が詐欺師で我利我利亡者

トレンドアフィリエイトブログが、このように人の不幸を換金する意地汚いものが増えたのか、と言う申しますと、それを教えている心ない輩がおるからです。



私も、実態を知るために潜入捜査員気取って、潜り込んだことがありますが・・・まあ、実に酷い。

これは、具体的事例も含めて、別のところでお話し致しますが、本当に、酷い。

だって、コンサルティングの体を成していませんからね。

「アフィリエイト業界のコンサルタントは詐欺ばかり」という言説がありますが、その原因を創り出しているのは、他でもない当人達です。

詐欺師呼ばわりされても仕方有りませんって。



法的に詐欺に当たらなかったり、王法(娑婆世界の法律のこと)で罰せられないかも知れませんが、それにしても酷すぎる。

王法で罰せられない、合法だからと言って、何をやっても良いと言う話じゃありませんよ。

残念で悲しい事に、詐欺をやらかして呪われてしまった輩も知っていますし。



宗教的視点を持ってして見ると、はっきりいって、トレンドアフィリエイトコンサルタントの類いは、ほぼアウトです、お話になりません。

どんなに贔屓目に観ても、我利我利亡者多財餓鬼です。



そして、ほぼ全てのトレンドアフィリエイトコンサルタントや、過去にやっていた輩が発信している情報やブログを読めば分かりますが、ある概念的な詐欺をやらかしております。

わかるようになれば、ぱっと観ただけで、一発で見抜けます。



更に言うなれば、「コンサルタントとは何ぞや?」と言う事を、歴史と共にきっちり説明出来るコンサルタントは、トレンドアフィリエイトコンサルタントの中にどれだけいることか。

一度試しに尋ねてみると良いでしょう、「お前は何を言っているんだ?」と突っ込みたくなる珍回答も得られるでしょうからね、笑い話のネタにはなります。

トレンドアフィリエイトをまともに伝えられる人で、「コンサルタントとは何ぞや?」を、コンサルタントの歴史と共に伝えられる人は、今のところたった一人だけでした、私が合ってきたり潜入してきた中では。



ちなみに、わざわざ「教えられる」ではなく「伝えられる」と書いている事に、ピンときたならば、まだ見込みがあります。

今からトレンドアフィリエイトブログ運営は消耗戦。消耗しないブログ運営を心がけたいものです

ここまで、トレンドアフィリエイトブログ運営の批判めいたことを、申し上げて参りました。

言うなれば、トレンドアフィリエイトブログをディスるような話になったであろうと、自覚はしております。



ただ、私はトレンドアフィリエイトそのもの、トレンドアフィリエイトブログの全てが、人の不幸をあげつらう人間辞めた諸行であるとは、申しません。

そういうトレンドアフィリエイトブログが未だに多い事は、否めませんがね。



トレンドアフィリエイトと言っても、例えば歳時記、1月でしたら正月であったり七草粥であったり、2月だったら節分など、そういった伝統行事が御座います。

これは、その時期に話題となる、という意味において、トレンドですわな。



この場合は季節ネタと呼ばれるものですが、その歳時記においてお客様に役立てて頂ける情報や知識と共に、感想を書くなら体験談もセットにしてお伝えする、という方法が御座います。

私でしたら、例えば正月は仏教において「修正会(しゅしょうえ)」という話から始めます。

正月飾りについて論じるならば、仏教と正月飾りと言う事で、浄土真宗では鏡餅を12月31日のおあさじ(朝の勤行)から夕勤行の間にお供えさせて頂く、とかね。

家の宗派を知るきっかけにもなりましょうし、そうであれば鏡餅をどのタイミングで飾れば良いのかの知識も、学んで頂く事が出来ます。

ちなみに、うちは真宗・浄土真宗ではありませんから、12月28日まで、遅くても12月30日にはセットしておきます。



どうしてもトレンドアフィリエイトブログを運営したい場合は、人の不幸を喜ぶようなネタ選定なり記事を投稿するようなことをしない奥ゆかしさを大切にしてもらいたいものです。

その上で、人様の智慧や過ごし方の指標となる話であったり、読みに来て下さった方々への「抜苦与楽」となるブログ運営が望ましい、そのように思います。



ブログ運営において、稼げる稼げないについて考える事も、大切な事ではあります。

それはそれで否定致しませんが、そればかりになると、最悪、人間辞める事になります。

「出来るけどやらない」という奥ゆかしさも持ちつつ、それでいで財を賜る運営も視野に入れる。

これくらいの塩梅が、人の道を踏み外さない運営に繋がるかと存じます。



合掌、礼拝

スポンサーリンク