ウォーターサーバーを口コミしてみる|アクアクララをお寺で使った体験談と電気代の話

御参拝、誠に有難う御座います。住職(管理人)の修羅観音です。



私は、増上寺で初めてウォーターサーバーなるものを使ったのですが、あれって便利ですね。
この寺院(ブログ)では、前々回と前回に渡り、増上寺で開催された24時間不断念仏会について、体験記・感想文をお伝えしております。



参照記事:「増上寺第12回24時間不断念仏会体験記後編|在家仏教者で念仏者の感想文やら体験談やら」

参照記事2:「増上寺第12回24時間不断念仏会体験記前編|ただ一向に念仏すべし」



そして、今回も増上寺の24時間不断念仏会で体験した話ではありますが、表題に「ウォーターサーバー」と御座います。

誤字脱字ではなく、今回は本当にウォーターサーバーの話です。

最初にお断り申し上げておきますが、私は別に、どっかのアフィリエイトサイトの如く、ウォーターサーバーを売りつけるつもりは毛頭御座いません。



実は私、24時間不断念仏会の御縁がある増上寺にて、初めてウォーターサーバーを使う御縁を賜りまして。

実際に、アクアクララというウォーターサーバーを使ってみたところ、凄く恩恵を賜りましてね。

その体験感想を綴る、言うなれば、経験者の口コミっぽい話です。



私はどちらかというと、結構アナログな考え方、昔ながらの在り方を大切にする傾向があります。

しかし、やはり便利なものは便利なものでして、増上寺の休憩室で、アクアクララというウォーターサーバーを使ってみたら、その便利さや有り難さを頂きまして、思わず今回の口コミ表題と相成ったわけであります。



現在、ウォーターサーバーを比較検討してお探しの方は、恐らくウォーターサーバーを売りつけるアフィリエイトサイトに、ヘロヘロになっていらっしゃるかと存じます。

今回の私の話は、アフィリエイトサイトや比較ランキングサイトに売りつけられて、お疲れのあなたにとって、休息ポイントになれば嬉しく思います。



ただし、一応増上寺で御縁賜ったウォーターサーバーと、こういうのがあったらもっと便利だったかも、という話をするところで、こんなのがありますよ、という紹介はしておきます。

私の口コミ話は、「へー、こんなのがあるんだ。」くらいに思うて、お付き合い頂ければ幸いに御座います。

スポンサーリンク

増上寺でウォーターサーバー・アクアクララとご対面

前回と前々回でお伝え致しました、増上寺での24時間不断念仏会へ赴いた時の話です。



増上寺の24時間不断念仏会では、休憩室・控え室が設けられておりまして、お念仏の行に励んで、疲れたら休息が取れるようになっております。

私も、13時開始から3時間ぶっ続けで、そのうち1時間は大木魚を打たせて頂いておりました。

汗もにじむほどにお念仏をして、便所休憩をしてから休憩室へ赴きましたら、何やらこのような物体が。






物体の上の方にくっついているボトルには、「アクアクララ」と英文字で表記されておりました。



いわゆる、ウォーターサーバーというやつだなあ、と気がつきまして、早速使ってみる事にしました。

使ってみる事に、と言っておりますが、水を飲んでの度を休めたかったから、必然的に使わなければいけなかったのですがね。



ウォーターサーバーの使い方は、コックをくいっと拈るだけで、水と湯が出る仕組みです。

私は早速、冷たい水を出してみました。



ウォーターサーバーから出て来た水は、程よく冷えておりまして、冷蔵庫で冷やしておいたような、それくらいの冷たさで、なんとも宜しい塩梅です。



そして、またお念仏に励んでから、次の休息時、今度は珈琲を飲もうと、湯をウォーターサーバーから出して、珈琲の粉末が入ったコップに注ぎまして。

きちんと熱い湯が出て来て、珈琲を頂くに到りました。



どうやって水と湯を、瞬時に出してくれるのか、と、不思議に思いながらも、有り難くウォーターサーバーの恩恵を賜る事が出来ました。

文明の利器、有り難し。



こんな感じで、今回は増上寺の24時間不断念仏会で、ウォーターサーバーという文明の利器に、もてなされまして、喉も潤すことが出来たのです。

深夜の時間帯には、眠気覚ましに珈琲を頂くときにもウォーターサーバーは大活躍で、参加者の喉を潤し、眠気を覚ます事に貢献した様子を目の当たりにしました。

ウォーターサーバー(アクアクララ)を使ってみた体験談:私の口コミ

ウォーターサーバーを、増上寺で使ってみた体験談と言いますか、私の口コミと致しましては、この一言に尽きましょうか。



「ウォーターサーバーは、とても便利である」



いや、ほんと、これほどまでに便利な代物とは思いませんでした。

だって、コックをひねれば、瞬時に湯が出てくるのですよ、沸かした様子がないのに。



アクアクララのウォーターサーバーは、上に水が入ったボトルが取り付けてあります。

そして、コックをひねったら、冷水と湯が同じ機械で同時に作られるわけですよ。

しかも、瞬時に。



ウォーターサーバーについて、多少名前を聞いて知ってはおりましたがね、これほど便利なものとは思いませんでしたがな。

これなら、増上寺で開催されているような、人が集まる仏事・行事には、非常に便利で重宝致します。

ウォーターサーバーがあれば、いちいち湯を沸かす手間も省けますし、ボトルさえ設置すれば、後は勝手にウォーターサーバーが冷水と湯を出してくれますから、スタッフの手間を削減出来ます。



人の出入りが激しく、休憩室への供給が忙しくなりそうな行事では、ウォーターサーバーは大活躍するのだなあ、と、便利さの恩恵を頂いて、感じたもので御座います。



ウォーターサーバー・アクアクララは便利だが、取り替え時に気づいた事

増上寺では、アクアクララというウォーターサーバーを使って、冷たい飲み物と、熱い珈琲を入れるために湯を頂きまして、大変便利に使わせて頂いたもので御座います。



ただ、アクアクララのウォーターサーバーで、ちょいと気になったことがあったものです。



私が休憩室で休憩中、丁度ウォーターサーバーの水、アクアクララの機械でしたら上にくっついているボトルですが、そのボトルに入っている水の残量が、残りわずかになっておりました。

中途半端な状態でしたから、何人かで協力して、ボトルをからにした後、ウォーターサーバーのボトルを取り替える事に。



その時、12リットルのボトルを持たせて頂いたのですが、なかなかの重量です。

12リットルという重量は、なかなかに取り扱うのが大変で御座いましょう。



その12リットルの水が入ったボトルを、アクアクララのウォーターサーバーに設置する際、ウォーターサーバーのてっぺんまで持ち運び、更に回して取り付けないといけません。

なかなかの肉体労働です。



アクアクララには7リットル版もあるそうですが、人が集まる場所で、更に人が集まる行事では、7リットルでは足りません。

増上寺でウォーターサーバーに水を設置する場面を観て、便利ではあるけれども、持ち上げる際に力を使うんだなあ、と、感じたもので御座います。

もっと便利なウォーターサーバー「ネイフィールウォーター」

私は別に、アクアクララをディスっているわけではありません。

アクアクララのウォーターサーバーには、増上寺の24時間不断念仏会では、もの凄くお世話になりましたからね。

そして、ウォーターサーバーの水がなくなれば、その都度取り替えて下さったスタッフの方々には、感謝するばかりで御座います。

取り替え必要な現場に居合わせたら、手伝わせて頂きたいと、切に思うたものであります。



そこで私、「これが、持ち上げなくても良い位置に、水の入ったボトルを設置できるタイプだったら、更に便利だろうになあ。」と、考えましてね。



増上寺から帰ってきてから、早速調べて観ると、私の様な凡夫が考える事なんざお見通し、と言わんばかりに、あるではありませんか。

見付けましたよ。



「ネイフィールウォーター」というウォーターサーバーが、下の方に水を設置するタイプです。



参照先:ネイフィールウォーター

ネイフィールウォーターは、足元からのボトル交換が可能であり、アクアクララのようにウォーターサーバーのてっぺんまで、12リットルもの水を持ち上げる必要が御座いません。

これはなかなか便利ですな。



ここで、あなたにウォーターサーバーを売りつけて、紹介料・口コミ手間賃を稼ごうというアフィリエイトサイトならば、「オススメですよ!」と、押してくる事で御座いましょう。

私は、そんな押し売りは致しませんから、ご安心をば。



確かに、ネイフィールウォーターはアクアクララよりも便利なウォーターサーバーであることは、確かです。

ネイフィールウォーターでしたら、ボトルを取り替える際、12リットルの水を持ち上げなくて済みますからね。



そんな便利なネイフィールウォーターですが、気になるのがお値段です。

娑婆世界では、やはり経済的な話、かかる費用の話は外せません。



ネイフィールウォーターは、ウォーターサーバーのレンタル料も送料も初期費用も無料です。



しかし、これだけ無料である事には理由があると言うのが、資本主義的な現代日本という娑婆世界の理です。

「ネイフィールウォーターは水のみ」という印象文・キャッチフレーズは、嘘では御座いません。

御座いませんが、ここがポイントでしてね、無料がまかり通るカラクリは、スマートフォンや携帯端末、Wi-Fiサービスと似たようなものです。



ネイフィールウォーターには「最低2年間の定期契約」という、いわゆる「しばり」が御座います。

「しばり」なんて言い方をすると、ネイフィールウォーター側に叱られそうですがね。

2年以内に解約すると、9,000円(税別)別途かかりますから、ご契約は慎重に。



いや、ディスってはおりませんよ、念のため。

実際に、ウォーターサーバーの恩恵を受け、更に水の入ったボトルを取り替える現場に居合わせて、水のボトルを持った体験をした身として言える事は、更に足元にボトル取り替え口があるのは、非常に便利で有り難し。



ただ、私としては、最低2年間の定期契約を「しばり」と感じた事も、これまた事実です。

諸行無常ゆえに、途中で「やはり使わなくてもいいや」となったら、別途解約金を支払う事になりますから、人の移ろいを知る者としては、躊躇するところであります。

2年以上使うという事を、ばしっと決めて使い続けると言うのであれば、ネイフィールウォーターは大変有り難い代物で御座います。


ウォーターサーバーは、電気代が微妙にかかる

アクアクララを増上寺で実際に使い、ネイフィールウォーターを知って更に便利なものがあるのだなあ、と思うたところで、疑問が一つ。

瞬時に冷水と湯を創り出すウォーターサーバーは、それなりに電力も消費するであろう、と推察致しまして、電気代も少し探ってみました。



アクアクララのウォーターサーバーは、電気代が「350円~」だそうです。



私は「~」の部分を見逃しません。

恐らく、場合によってはそれ以上かかるのでありましょう、アクアクララさん、ここはぼかさずにおいて欲しかった。



ネイフィールウォーターのウォーターサーバーは、大体月額609円前後、省エネモードを使うと487円です。

これも、使い方によっては前後するでしょう。



大体どのウォーターサーバーも、1000円くらい見積もっておけばおつりがある、くらいの電気代が別途かかるようですね。



どうなんでしょう、個々の金銭感覚によりけりでしょうが、これは高いのでしょうか、安いのでしょうか。

電気代やウォーターサーバーに詳しい方、是非ともご教授願いたいところで御座います。



もちろん、ウォーターサーバーのアフィリエイトサイトを運営されている方は、何の反論・反証も出来ない程に、きちんと解説して下さいますよね。

「電気代は一日いくらしかかかりません、めちゃくちゃ安いデスよオススメデスよ」と、ウォーターサーバーのアフィリエイトサイトで豪語しているなら、そこのところ宜しく。



ちなみに私は、「電気代は一日何円」という、人様を惑わすような価格解説を致しません。

609円の出費は609円の出費、487円の出費は487円の出費です、そこを誤魔化したり騙す事は出来かねます。

ウォーターサーバーが「無くても良いけどあったら便利」を改めて考える機会となった

今回は、増上寺でお世話になりました、大変便利なアクアクララのウォーターサーバーとの御縁を賜り、ウォーターサーバーについて口コミ的な話を致しました。

まあ、口コミ的と申しましても、結構辛辣なことももう仕上げはしましたがね。

ディスっているわけではありませんが、と、言い訳しておきます。



お寺で使ってみて、便利だと感じたウォーターサーバー。

アクアクララは、現段階では無料体験も出来るサービスを、世に出しております。



参照先:「お水の宅配アクアクララ 無料お試しキャンペーン中!




最後に、仏教的な話と言いますか、仏教者の視点から、ウォーターサーバーから考えた事をお伝え致します。



私は、「便利さの裏側」を考えたり、便利さによって失われたものを憂う性質が御座います。



増上寺で便利に使わせて頂きました、今回の表題にもしたウォーターサーバーは、非常に便利な代物です。

お陰様で、スタッフの方々も、お湯を沸かしたり、冷たい水を準備する労力が大幅に削減出来て、参加者を迎える側に回れたことは、この目で見て体験してきましたからね。



ただ、実際に使って見たからこそ、便利だけれども、便利さとどのように付き合うか、という事まで改めて考えるに到りました。

この辺り、面倒な奴だと思われるでしょうが、仏教者としての性質と言いますか、仏法が私に届いて下さっているのであろうかな、と思うところで御座います。



ウォーターサーバーは、無くても暮らしていけますし、そもそも、ウォーターサーバーがなかった時代を人は生きてきました。

そちらの時代・時間の方が、人類の歴史としては長かろうかと存じます。



ただ一方で、ウォーターサーバーも、「自他の抜苦世楽」を実現する代物ではありますし、そのために作られた文明の利器です。

「瞬時に、水と湯を一つの機械で同時生成出来ないか」と問い、それを実現して下さった先達の智慧の結晶と言えましょう。

それは本当に有り難く、お陰様で増上寺での24時間不断念仏会を、無事に満行出来ました。



文明の利器、そこにまつわる事柄や、関わった人達への感謝をし、その上で、便利さとどのように付き合うかを忘れずにいる事。

ウォーターサーバーから、私はそのような事を考えるに到りました。



アクアクララの無料お試し体験に申しこんで、あなたの家に、もしくは職場にウォーターサーバーが設置されたら、そんな事を考えて見ては如何でしょう。



ここまで申し上げておいて、ウォーターサーバー一つで、人生語り出したり、哲学したり、仏法を見出す私は、面倒な奴でしょうかね。

まあ、そんじょそこらのウォーターサーバーをアフィリエイトしているウェブサイトは、使った事が無いけれども売り込みたいという自称口コミサイトばかりでしょうから、全く別の価値体系からの話として楽しんで頂けましたら、嬉しゅう御座います。



最後に、再度申し上げておきたい。



ウォーターサーバーって、ほんと、便利ですな。

珈琲をすぐに入れて飲む事が出来て、有り難し(ちなみに私の珈琲一杯の価格は7円前後)。



参照記事:「高い値段を安いと錯覚させる方法|「珈琲一杯の値段」「一日何円換算」は姑息」



あ、でも、ウォーターサーバーで珈琲を入れたら、電気代も加算されるから、1円か2円、加算されますかね。

それでも10円以下で珈琲一杯を楽しむ私は、安上がりなやっちゃなあ、と言えましょうかな。



合掌、礼拝

スポンサーリンク